アンドレ・ブラジリエ作 ”丘の乗馬” 買取させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2691

アンドレ・ブラジリエ作 ”丘の乗馬”を買取させていただきました。

 

アンドレ・ブラジリエ

現代フランス絵画を代表する画家。
鮮やかな色彩と柔和で何処と無く懐かしさを感じさせる画風が特徴であり、画面構成力にも定評がある。
緑や木々、馬、バイオリンや女性像を好んで描く。
詩情に溢れたその世界感は真似のできない独特のものであり、評価が高い。

略歴

1929年   フランス、ソーミュールに生まれる。
1949年 パリ美術学校に入学。ブリアンションのアトリエで学ぶ。
1952年 フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞(第一位)、
シャルル・モレ賞等を受賞。その間各展に出品し、個展を開く。
1953年 ローマ・グランプリ賞受賞。
1959年 この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展開催。
1961年 青年絵画展でシャルル・モレ賞。
1962年 シュールロット賞受賞。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員
や各地ビエンナーレの会員となる。
1974年 東京で個展。
1977年 東京吉井画廊で個展開催。
1984年 東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。
優美で静謐なイメージは観るものの心に印象を強くし、明快な色彩表現
人々の心を、たおやかにし、詩的な表現を得意とする作家。フランス的な
センスが人々の心の琴線に共鳴を与える。作品はフランス政府、パリ美術館、
オランダ美術館などに収蔵されている

 

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

SNSでもご購読できます。