棟方志功 ”若栗の柵” 手彩色 木版画 買取させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2745

棟方志功 ”若栗の柵” 手彩色 木版画を買取させていただきました。

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 – 1975年(昭和50年)9月13日)は日本人の板画家。

青森県出身。

20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。

川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激で、版画家になることを決意。

1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

買取させていただいた絵には棟方巴里爾の鑑定書も付属されていました。

中々お目にかかれることの少ない作品です。

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

SNSでもご購読できます。