リトグラフ ポール・アイズピリ作 ”紫の花瓶” 買取させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2690

リトグラフ ポール・アイズピリ作 ”紫の花瓶”を買取させていただきました。

 

ポール・アイズピリ 略歴

1919年 パリで生まれる。
ブール象眼学校に入学後、絵画を志し、パリ美術学校に転校サバテの指導を受ける。
1939年 徴兵され、第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となったが脱走する。
1945年 フランス解放後「青年絵画展」(サロン・ド・ジューヌ・パンテュール)の創立会員となる。
1946年 青年絵画展で三等賞受賞。
1951年 プリ・ナショナル賞受賞。
1954年 ぺトリデス、ロマネ各画廊にて個展開催。
他に、ニューヨーク(62年)東京(65年)ジュネーブ(66年)アヴィニヨン(67年)などで個展。
1963年 国際形象展出品。以降、毎年出品を続ける。
1971年 トゥールで、ジュマイ賞受賞。
1980年 一年間にわたって、ナント、アンジュール、セーユ、ボルドーにてフランスの風景展開催。

 

スペイン国境地近くに住むバスク人の血をひく、ポール・アイズピリは1919年パリに生まれる。

1936年エコール・デ・ボザールで学び、1945年にはサロン・ドートンヌの会員となる。

パリの新人登竜門として権威ある「青年絵画展」で入賞、1951年にヴェニス・ヴィエンナーレにてナショナル大賞を受賞し、画家としての地位を築いている。

近作では、子供、自転車、飛行機、鳥、魚、太陽など馴染み深いモチーフが、パリ、サントロペ、そしてヴェニスの空を自由に軽やかに舞い遊び、

画家の想いが歓びに満ちた夢の世界へと拡がる新たな画風が誕生している。

鮮やかな色彩が織り成すアイズピリの世界は、私たちをやわらかくつつみ込む陽だまりのあたたかさに満ち溢れ、自然と家族をこよなく愛する画家の心が躍如としている。

作品はパリ市立近代美術館をはじめ、フランス国内の美術館他、欧米各地の美術館等に買い上げを受け、日本でも有数の美術館に収蔵されている。

 

個性的で鮮やかな作品は、部屋の雰囲気を明るくしてくれますね。

背面に破れはありましたが、作品自体はとても良い保存状態でした。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

SNSでもご購読できます。