兵庫県でマルニ/MARUNIの買取はお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兵庫県でマルニの買取はお任せください。

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でマルニ/MARUNIの買取ならリサイクルショップ ライフスタイルギャラリー神戸店

 

「ロゴ マルニ」の画像検索結果

100 年経っても「世界の定番」として認められる木工家具をつくり続ける。

創業者である山中武夫は、少年時代を過ごした広島県の宮島で木を用いた伝統工芸が、まるで手品のように自在に形を変えていく「木の不思議さ」に魅了されていきました。その後、当時としては技術難度の高い「木材の曲げ技術」を確立し、それまで手工業の域を出なかった日本の家具工業に対して、「工芸の工業化」をモットーに「職人の手によらない分業による家具の工業生産」を目指しました。

戦後、マルニは木材の人工乾燥技術の研究開発をはじめ、高度な木工加工表現のため新技術の開発導入、合理的な生産方法の習得など材料から完成まであらゆる工程での改革を進め「技術のマルニ」と評される礎を築きました。それまで一品生産の高級品だった彫刻入り家具の工業化に成功、1968 年に開発したクラシック家具は「日本の洋家具史上最大のヒット」として今も知られ日本におけるクラシック家具の代表的ブランドになると同時に伝統的な美しさを生み出す良質な家具メーカーとして成長します。

その後、1990 年代以降の市場経済変化に対応するうちに、ともすれば「美しい家具を」という思いが風化してしまいかねないことに強い危機感を抱きました。マルニは創業以来、木製洋家具作り一筋に進んできたメーカーであり、それだけに「木」を知り尽くした企業です。そのマルニが作るべきものとは何か。

そこで始めたのが原点回帰の取り組みです。マルニにしか生み得ない「日本から世界に発信する家具」。国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノ造りの技を融合した世界へ発信する家具造りをスタートしました。使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んでいます。

■ブリタニア

「ブリタニア」は、英国トラッドのスタイルをベースとしながら、植物の持つ「生命感、みずみずしい艶感、優美な曲線」をモチーフに誕生。日本人の生活スタイルと感性にあった、トラディショナルファニチャーです。ブリタニアが他のトラディショナルスタイルの家具と違っている点、それは、熟練のマルニクラフトマンが総力をつぎこみ、常に「最高」を追求したこと。美しい艶と深い風合いをもつブリタニア。デザインの美しさを追求するだけでなく、素材そのものも上質なものを選びました。ブリタニアの主材はドイツ産のビーチですが、ビーチの中でも特に品質の高いものを厳選して使用しています。さらにファブリックは上質なものを提供することで定評のあるV&V社(ベルギー)の最高級品を採用しています。

■地中海

地中海をめぐる国々の歴史が生んだ様式家具を現代に再現した「地中海」シリーズ。ディレクトワール様式を基調としたフランス風です。この様式は、ルイ16世から続く古代ギリシャローマ文明に再スポットを当てた「ネオクラシック」スタイル。より直線を効かせたフランストラディショナルの優美で洗練された小粋なスタイルで、サイズや機能性にも配慮したすっきりと洗練されたシリーズです。暖かみのある塗色で仕上げた自然な木の味わいがゆったりと寛げるインテリアを作り上げる地中海シリーズ。各部に手間を掛けた加工を施し、家具本来の手技による温もりを感じさせます。

■ベルサイユ

寛ぎと豊かさにあふれた永遠のベストセラー、「ベルサイユ」 シリーズ。優雅で流麗な感覚とやわらかな曲線から生まれる美しい調和。18世紀フランスのクラシック家具ロココ風の様式を基調とし、その伝統を現代に再現した シリーズです。木部にみられる彫刻や猫脚のスタイルなど、随所に細やかな配慮と職人の技術の冴えがうかがえます。ベルサイユは発売当時、全国のお客様より大変な反響を呼び、マルニを代表する製品にまで成長しました。80年を越えるマルニの歴史のなかで磨き上げられた繊細な感覚と高度な加工技術で仕上げられたベルサイユは、今なおクラシックファンを魅了します。

その他シリーズを含めマルニ全般買取対応致します。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*