兵庫県でロードバイクの買取ならお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロードバイク買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でロードバイクの買取ならリサイクルショップ ライフスタイルギャラリー神戸店へお任せ下さい。神戸市を中心に出張見積、出張買取お伺いいたします。

ロードバイクとは

競技用としてのロードバイクの原型が完成したのは1900年代頃と考えられる。当時ロードレースは土道、トラックレースは陸上競技と共用の踏み固められた土のトラックで行われており、一方へ特化した機材は存在せず、双方でブレーキのない固定ギアの自転車が用いられていた。しかし、ロードレース用自転車にブレーキが装備されるようになり、トラックレースではそれを禁じた事から双方の機材特化が始まった。ハンドルはセミドロップハンドルに近いものだったが、1910年代に入るとロードレースに適したドロップハンドルが開発された。また、この時代になるとダブルコグと呼ばれる左右で歯数の違うギアを装備した車両が一般的となり、起伏にある程度対応できるようになった[注釈 1]。しかし、ダブルコグ式は坂に差し掛かるたびに後輪を逆に取り付ける必要があるため交換に時間を要し、また固定に用いられるウィングナットは低温状況下にあっては悴んだ手での着脱が困難なものであった。

ロードレース用自転車に準じるが、競技使用を前提としなければ競技機材規定に拘束されず、またトライアスロンは自転車競技(ロードレース)ではない為、厳密にはロードレース用自転車ではない。高速走行性能を優先して設計されるが、空気抵抗の点ではさらに先鋭化させたリカンベントも存在する。どろよけやスタンドなど走ることに不要な部品は基本的に装備せず、前照灯や後部反射板を備えていない車両も存在する。溝が浅く少ない幅の細い高圧タイヤを履き、転がり抵抗の減少を図っている。基本的にドロップハンドルと呼ばれる特徴的な形状のハンドルをもつ。部品、素材は開発が続けられており、自転車の中で最も軽量化が進んでいる。

1990年代までは「ロードレーサー」と呼ばれていた。『BICYCLE CLUB』(バイシクルクラブ)を刊行する枻出版社がこの頃に編集方針をマウンテンバイク中心の“ストリート系”へ転換、「―バイク」と呼び始めてからこの呼称が広がっている。

wikipediaより抜粋

■ロードバイクの魅力

細いタイヤとドロップハンドルが特徴でシンプルな構造は見た目も美しい。ケイリン選手が乗っているモノとは似て非なる自転車です。ロードバイクは軽量でスピード効率に優れているので、オンロードの高速走行、長時間走行、長距離走行に適しています。世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」もこの車種を使用します。ロードバイクを楽しんでいる方の多くが、ロングライドやヒルクライム、たまにポタリングや輪行サイクリング、自転車通勤などに使用しています。自転車ロードレースはヨーロッパではサッカーと人気を二分するほどのメジャースポーツです。

■主なロードバイクメーカー

・アンカー/ANCHOR

・オルベア/ORBEA

・コルナゴ/COLNAGO

・ジャイアント/GIANT

・サーベロ/CERVELO

・フェルト/FELT

・キャノンデール/CANNONDALE

・スコット/SCOTT

・スペシャライズド/SPECIALIZED

・デローザ/DEROSA

・トレック/TREK

・ビアンキ/BIANCHI

・ピナレロ/PINARELLO

・BHBIKE

・BMC

・メリダ/MERIDA

・リドレー/RIDLEY

・ルック/LOOK

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*