神戸市を中心に兵庫県で飛騨産業/キツツキの買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸で飛騨産業/キツツキの買取の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)で飛騨産業の買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

 

「ロゴ 飛騨産業」の画像検索結果

■飛騨の匠の心と技術

確かな技術と先進性、なによりも木を愛する「心」が飛騨産業の歴史を刻んできました。

1920年(大正9年)のある日、飛騨高山の町に2人の旅人がやって来て、西洋の曲げ木家具の技術をつたえました。その話に心を動かされた高山町の有志たちは、「飛騨の匠」で知られる伝統技術と、山々に密生したブナ原生林を資源に、株を出資しあって西洋家具メーカーを創業しようと決意したのです。当時としては画期的なベンチャー・ビジネスの誕生でした。椅子など見たこともなかった職人たちは、永年の経験と木の知識に支えられながら試行錯誤をくりかえし、工夫を加えて、2年後には、やはり地場の伝統技である春慶塗の施された椅子を、自信をもって世に送りだすことができるようになりました。
以来、飛騨産業の家具は昭和初頭の華・モダニズムを彩り、日本の家具文化を育むとともに、アメリカへの輸出を生産の中心に据えることで、欧米文化につちかわれてきました。
戦後は優れたデザインと品質で評判を集め、数々のロングセラーを生みだして、日本人の暮らしに定着していきました。そして、未利用資源の導入や廃材の利用など、飛騨産業の新しい試みと創造力は、今も創業の精神を引き継ぎながら、さらに日本の風土と文化に根ざした家具を産みだそうとしています。

工場には深みのある時間が流れています。ひとりひとりの誇りが、モノづくりを支えています。

飛騨産業には90年を超える歴史の深みがあります。そして蓄積された技術があります。そこに裏打ちされた信頼をさらに高めてゆくことはもちろんですが、それ以上に家具は、お使いになる方の思い入れがこもる物です。使えば使うほど想い出や愛着がこめられていく、たったひとつの家具を少しでも長く使っていただきたい。ひとつひとつの家具と、ひとりひとりのお客様を大事にしたい。そうして10年20年、100年経ったときの「蓄積シェア」を高めてゆきたい。それが私の夢であり、会社の夢です。
家具の材料である木は生命あるもの。木を愛する私たちは生命と、それを育む環境を大事にします。たとえば、これまで廃材とされてきた、木の節を積極的に生かした家具、スギ材の家具などもそういった問題意識から開発いたしました。接着剤や塗料もすべて、環境に負荷を与えないものを使っています。
また、文化はモノづくりから始まります。「飛騨の匠」の歴史を脈々と受け継いできたこの土地で、私たちがきちんとしたモノづくりに取り組むことは、飛騨の木工文化を活性化させ、さらに日本の木工文化を支えることになります。私たちは、日本のモノづくりの心を世界へ発信できるような企業をめざして、社員全員で一歩ずつ前へ進もうとしています。

飛騨産業株式会社 代表取締役社長 岡田贊三

飛騨の歴史を語るとき、その血を受け継いでいる私たちの祖先である「飛騨の匠」を抜きには始まりません。

かにかくに 物は思わず 飛騨びとの うつ墨縄の ただひとみちに

これは「飛騨の匠」の真摯な仕事ぶりと、その並はずれた技を讃えて歌人が詠んだ万葉の一句ですが、
日本書紀・今昔物語など遠い昔から歴史の舞台にしばしば「飛騨の匠」が登場しています。

■飛騨の匠とは

「飛騨の匠」は一人の優れた大工の名前ではありません。古来より顕在していた飛騨の建築技術を都づくりに活用するため、時の中央政府が税を免じてまで貢進を義務づけ、その律令制度によって木工職人として派遣しましたが、それらの人々を総称して「飛騨の匠」と呼ばれています。「飛騨の匠」たちは一年交代でもあり、ほとんどが歴史上名を残していないが、中には石山寺造営の関係文書にみられる勾猪麻呂(まがりのいのまろ)のような名工の例もありました。「飛騨の匠」というのは優れた木工の美称でもあり、万葉集や源氏物語には追憶の匠として度々登場しています。

■飛騨の匠の起源

「飛騨の匠」の記述が現存する史料に初めて現れるのは、今からおよそ1300年前のことです。養老2年(718)に制定された養老令(賦役令)に斐陀国条が定められ、斐陀からは1里(50戸)につき10人が1年交代で都へ出役することが義務づけられましたが、その前の大宝律令(701)でも同様であったと考えられています。飛騨国は優れた木工集団「飛騨の匠」を派遣する見返りとして、租・庸・調のうち、庸・調という税が免ぜられたのです。これが律令政治による、飛騨から都へ人材を派遣するという「飛騨の匠」制度の始まりです。
当時の飛騨は10里程度と推察され、徴用された人数は100人を基準とし、工事の状況で増減され多い時には200人あまりが都に上りました。以後平安末期までの500年間に亘って、延べ人数は4万とも5万とも言われています。仕事は年に330日以上350日以下と定められ、この日数に達しなければ飛騨に帰る事が許されませんでした。厳しい労役に耐え、真摯で並はずれた腕を誇った彼らの技は絶賛され、いつしか「飛騨の匠」と賞賛されるようになり、薬師寺・法隆寺夢殿・東大寺など幾多の神社仏閣の建立に関わり、平城京・平安京の造営に活躍して日本建築史の黄金時代の一翼を担ったのでした。現在も奈良の橿原市に飛騨町がありますが、高山の町並みを思わせる小ぎれいな木造家屋が軒を連ね、また大和路には飛騨と共通する地名が多い事から、飛騨から上京した人たちが現地にとどまり土着化したものとも考えられます。

■飛騨産業の誕生

1920年(大正9年)のある日、高山に二人の旅人がやってきて来ました。大阪で西洋の曲げ木技術を学んだ彼らの話に心を動かされた町の有志たちは株を出資しあって西洋家具メーカーを創業しようと決意したのです。決意の裏にはこの地に流れる「飛騨の匠」の技術とブナ材に代表される豊富な森林資源があったからでした。また新しい事に挑戦しようという飛騨人の気概があった事は間違いありません。

椅子など見た事もなかった職人たちは、木に対する経験と知識に支えられながら試行錯誤を繰り返し、ようやく2年後、やはり飛騨の伝統技である春慶塗の施された椅子を世に送り出したのです。まだ鉄道もなく、こもで包み荷馬車に乗せ出荷していました。当時は曲げ木を初めて家具に応用したトーネットのスタイルを模倣したものから始まり、やがてオリジナルの折りたたみ椅子やサロンチェアを造り出します。

■世界に向けて飛騨の匠の技術と日本の美を発信

当社では2001年より品質・生産性の向上を計るべく業務改革に取り組み、生産におきましては2003年6月より受注生産体制を整えるなど、より早くお客様のご意見を反映すべく改善を進めてきました。商品におきましても、今まで使われなかった節をデザインに取り込んだ「森のことば」や家具用材としては不向きとされてきた杉を主材とする家具の開発に取り組み、環境に配慮された借り物ではない日本の美しさを表現したモノ造りを行ってきました。杉を主材とするシリーズは、日本の美を世界に向けて発信した、イタリアデザイン界の巨匠「エンツォ・マーリ」氏デザインの「HIDA」をはじめ、2014年には杉圧縮柾目材による「KISARAGI」がグッドデザイン金賞を受賞するなど、日々進化を続けています。気もちのいいくらしを提案する飛騨産業に今後もご注目ください。

飛騨産業HP

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*