神戸市を中心に兵庫県でモリシゲ/MORISHIGEの買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モリシゲ買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でモリシゲ/MORISHIGEの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

「ロゴ モリシゲ」の画像検索結果

■モリシゲのこだわり

・「木との対話」モリシゲ家具つくりのモットーです。

伝統の家具づくりに取り組む私たちは、現代のライフスタイルのなかで味わいのある製品を、後世にまで長く使い継がれることを願って、日々誇りをもって邁進しています。
モリシゲ家具のご愛用者は、感性の豊かな方々が多く、常にデザインの一貫性、素材、品質、そしてアフターケアなど、製品に対する誠意あるサービスの提供を求めていらっしゃいます。
こうしたお客様のニーズにお応えするために、私たちは木の選定にはじまり、複雑な手づくりの工程を経て、皆様にお届けできるまで、常に木と向き合いながら製作し、製品(家具)を生きたパートナーとして接してきました。「木との対話」それが我社の創業以来の基本姿勢です。

・家具の品質は木で決まります。

モリシゲでは北海道産の樺材(木工界ではサクラ材と呼ばれる)を主材として使用しています。香川県高松市で家具づくりを始めて以来、最高の素材として樹齢が200年前後の北海道産の樺材を選択してきました。より安価で加工しやすいブナやオークなどを使いがちな戦後の時代にあって、私たちは頑ななまでに最高の木材を求めつづけてきました。なぜなら、家具は単に生活の道具であるだけでなく、人の心に憩いをもたらし、より豊かな暮らしを支えるものでなければならないと考えているからです。つまり、共に生活するパートナーです。触れて一緒に暮らす、使うほどに愛着が湧いてくる、このような家具をつくることを目標としています。それだけに素材を選ぶクラフトマンの目は真剣です。強情な堅い樺材とどう向き合うかが腕の見せどころとなります。

木は十分な乾燥によって家財として本来の性質をあらわし目的にあった材料となるのです。

製材され、モリシゲ工場に運ばれた北海道産の樺材は、この段階での含水率は30~35%前後、その後約6~8ヶ月間、野外で天然乾燥をします。乾燥を終えた木材は約20~30%前後になり、次は人工乾燥をするために5~7日間、釜に入れ含水率5~6%位までに下げ、その後工場内で含水率8%位までに戻し、環境になじむのを待ちます。このように辛抱づよい長い日々の工程が、木材の加工や組み立ての前にあるわけです。狂いのこないモリシゲの家具の基本がここにあります。

・木肌の美しさと、高いクオリティを求めて

乾燥後の部材は家具の種類や部品ごとに採寸(木取り)され、表面の削りや、加工にまわされます。熟練のクラフトマンの腕が発揮されるのがこの行程です。機械によって切断され、削られた部材は正確ですが、一本一本異なる木目や性格をもっているため、この後は木を知り尽くした職人の目と手に委ねられます。長い年月、木と向き合ってきた職人はこうした木の性格や木肌の表情など、部材の特徴を読とり、丹念に仕上げ、モリシゲ独特の微妙な肌合いに仕上げていきます。

手の感覚が一番正しい。そして、味が分かる人の手と目。

木の質がきめ細かく堅い樺材、その表面を滑らかに削るには、樺材にあった刃物が必要です。微妙なカーブの曲面には道具と熟練した職人の手がもとめられます。しかしどんなに滑らかに削ってもそのままでは仕上げの塗装にはかかれません。さらにサンドペーパーで綿密な研磨を重ねます(#180番手~240番手というごく微細なペーパーで研磨)研磨を施した木肌は滑らかに仕上がり、樺材独特の美しい木目が現れてきます。

部品を合わせる組み立て、それは授記連射でも緊張する瞬間

特に樺材は木の質が堅いので、よほど細心に、しかも木の“機嫌”を見ながら組み立てないと割れてしまいます。いい加減にすると、使っているうちに必ず狂いがでるのです。そこで素材の伸縮を考えてダボを入れ、又ホゾをたたき、十分に“木殺しをする”など熟練の手業が求められます。これを職人言葉で「だまし、だましやる」といい、このコツをつかむのは年季以外ありません。

■香川の伝統に培われた漆工芸

モリシゲでは、皆様に愛着をもって長くお使いいただくために、木の耐久性(力)と風合いを保たせる塗装技術がとても大切だと考えています。
木製家具の塗装は、家具を美しく装うだけではなく、季節の変化がある我が国の暮らしでは、梅雨時期の湿気や冬季の乾燥から木(素地)を保護する重要な役割を果たしています。
こうした塗りの拘りは、創業以来、変わることのない私たちの家具作りに対するポリシーです。
我社の評価は伝統の漆塗り技術を洋家具の分野にまで取り入れた「塗り」の技術の評価でもあります。
人の手が創りだす家具の美しさ、素晴らしさ「人間の手仕事尊重の理念」は、今も脈々と受け継がれています。

モリシゲHP

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*