神戸市を中心に兵庫県で無印良品の買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無印良品買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)で無印良品の買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

「ロゴ 無印」の画像検索結果

■無印良品について

「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として開発された無印良品。1980年、良品計画の母体である西友の自社開発の経験を基にノーブランドの商品発想でつくられました。商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略にしました。この方針が時代の美意識に合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。

・素材の選択

おいしくて健康にも役立つ食品。着心地よく、身体になじむ衣服。使い勝手を第一に考えた生活雑貨。ふだん見過ごしがちな基本のもの作りのために素材を見直します。品質は変わらないのに、見栄えのために捨てられているもの。業務用の素材。世界中から見つけた原材料や、安価で大量に確保できる旬のものなどを活かして、低価格で質の良い商品が生まれました。

・工程の点検

ひとつの商品ができるまでのプロセスを徹底的に点検する。選り分けたり、大きさを揃える手間も不必要。不揃いのままだったり、つや出しせずに仕上げたり、商品本来の質に関係のないムダな作業を省いて必要な工程だけを活かしました。規格外のサイズ、かたちで捨てられていたものも商品に。素材をムダなく活かし、コストダウンにもなる、実質本位のもの作りです。

・包装の簡略化

飾らず、もの本来の色やかたちのままを大切にしたい。過剰な包装をしない。まとめて一括包装に。共通容器に入れる。シンプルなもの作りであると同時に、地球の資源をムダにせず、ごみを減らすこともできるものです。無印良品の商品はすべて、成り立ちのわけが印刷されているパッケージであっさり包まれていたり、タグがつけられているだけで、店頭に並んでます。

■無印良品

1980年12月、株式会社西友のプライベートブランドとして40品目でデビューした「無印良品」は、現在では約7,000品目を展開するブランドへと成長しています。

1989年に西友から独立した良品計画は、「無印良品」の企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を展開しています。

店舗数  国内直営店312店舗、商品供給店102店舗(2016年2月期)

海外 イギリス12店舗、フランス9店舗、イタリア9店舗、ドイツ8店舗、アイルランド1店舗、スウェーデン8店舗、ノルウェー2店舗、スペイン6店舗、トルコ2店舗、ポーランド1店舗、ポルトガル1店舗、U.S.A.11店舗、カナダ2店舗、香港15店舗、シンガポール9店舗、マレーシア5店舗、韓国14店舗、中国160店舗、台湾38店舗、タイ13店舗、オーストラリア3店舗、インドネシア3店舗、フィリピン7店舗、クウェート2店舗、UAE3店舗

合計344店舗(2016年2月期)

■「良品」ビジョン

「良品」には、あらかじめ用意された正解はない。

しかし、自ら問いかければ、

無限の可能性が見えてくる。

■企業理念

良品価値の探求 Quest Value

「良品」の新たな価値と魅力を生活者の視点で探求し、提供していく。

成長の良循環 Positive Spiral

「良品」の構成で透明な事業活動を通じ、グローバルな成長と発展に挑戦していく。

最良のパートナーシップ Best Partnership

仲間を尊重し、取引先との信頼を深め、「良品」の豊かな世界を拡げていく。

■行動基準

1.カスタマーレスポンスの徹底

2.地球大の発送と行動

3.地域コミュニティーとともに栄える

4.誠実で、しかも正直であれ

5.全てにコミュニケーションを

■自然と。無名で。シンプルに。地球大。

無印良品の理想 私たちは何のために存在しているのか

美意識と良心間を根底に捉えつつt、日常の意識や、人間本来の皮膚感覚から正解を見つめ直すという視点で、モノの本質を研究していく。

そして「わけ」を持った良品によって、お客様に理性的な万z区間と、簡素の中にある美意識や豊かさを感じていただく。

良品計画の目標 私たちはどこに行こうとしているのか

良品計画で働く中もの永続的な幸せを第一の目標とする。そのために、社員、スタッフ全員が高い目標にチャレンジし、努力し、達成した時の充実感を持てる風土をつくることで、無印良品の思想を具体化し、世界レベルの高収益企業となることを目指す。

良品計画の価値観 私たちは何を大切に考えるか

誠実で正直であること、仲間を大切にし信頼を深めること、そして一人一人が地球大の発送で考え、挑戦し、やり抜く事を尊重する。それが良品計画の目標を達成するための土台となる。

■幸福

・誇れる会社にしよう

・仲間を信じ、助け合おう

・1人1人が目標を掲げ努力し達成感を持とう

・自分たちの暮らしを豊かにしよう

■仕事

・時代の中で「良品計画」を探求し具現化し続けよう

・お客様の期待を越えよう

■風土

・社会にとって正しい事をしよう

・誰もがフランクに議論しよう

・挑戦を楽しもう

・決めたことは徹底しやり抜こう

■目標

・いつも「増やすは2倍減らすは半分」の発送で

・世界の人々共感を集め世界レベルの高収益企業を目指そう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*