神戸市を中心に兵庫県でCassina/カッシーナの買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CASSINA買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でCassina/カッシーナの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

Cassina ixc.(カッシーナ・イクスシー)

カッシーナ社では主にふたつのコレクションが展開されます。
ひとつは「I Maestri(巨匠たち」の意)」。20世紀初頭の巨匠建築家たちの作品を復刻したシリーズです。
そしてもうひとつは「Contemporary」。現代を代表する建築家やデザイナーとのコラボレーションによるもの。ヴィコ・マジストレッティ、マリオ・ベリーニなど、世界的な建築家やデザイナーが名を連ねています。 そして、建築やモダンアートで影響力のあるデザイナーたちと共に、偉大なるイタリアンデザインの伝統を更に進化させるべく1968年に設立された「simon」ブランドがコンテンポラリーコレクションに加わりました。

■極上の心地よさをもたらすカッシーナの革

カッシーナの革製品へのこだわりは良質の素材を選択することと、丁寧で丹念な手仕事にあります。独自の厳しい基準によって選別された健康な牛の「皮」になめし、染色、乾燥、塗装など数多くの行程を熟練の手により施します。それによりしなやかさ、保湿性、耐久性、肌触りのすべてにおいて優れた「革」へと生まれ変わるのです。世界でも一握りといわれる上質な革を使ったカッシーナ・イクスシーの家具は、使い込むに従い熟成されたワインのように深い味わいと心地よさをもたらします。

カッシーナ製品に使用される輸入革はX、Y、Zの3つに、イクスシー製品に使用される革は国内産でFX、FYの2つ分類されています。どれも質感、肌触り、耐久性、着色などこだわりを持って作られています。こだわりの革を御理解いただき、空間、生活スタイルに合わせた最適な革をお選びください。

X とFX
汚れや劣化などの耐久性に優れ、お手入れが簡単な実用的な仕上げの革です。丁寧に重ねた塗膜層によって、牛の生前の傷やシワなどのナチュラルマーキングが目立ちにくくなるとともに、傷や汚れ、摩擦などにも強いので幅広いシーンでお使いいただけます。お手軽に革を楽しみたい方や、ヘビーユースで公共性の高い場所には、コーティングが厚く伸びを抑えた仕上げをしているFX が特にお勧めです。

Y とFY
実用性と革本来の風合いを兼ね備えた肌触りのいい革です。型押しのないスムースな革の独特な表情と、毛穴感のあるしっとりとした肌触りが魅力です。表面は顔料で着色しているので色あせに強く、天然のシボやシワなどの革本来の表情を楽しむことができます。また、程よいボリューム感のある革の厚さを選べるのも、このシリーズの特徴です。

Z
革の選別から加工まで、最高の仕上げを施した最上級の革です。革のもつ独特の贅沢感と肌触りの良さを最大限に引き出しています。表面の毛穴を残すことで細かい空気の層が滞留し、触れるとしっとりと吸いつくような素晴らしい感触です。ナチュラルマーキングや長い年月とともに生まれる革独特の風合いなど、革が熟成していくようすを体感できるのもこのシリーズの魅力。シリーズ最高峰の「Naturale08」は、従来の工程に加え表面を熱でプレス処理する加工を施しています。このひと手間がさらなる艶を出し、表面の凸凹を極限まで減らし、なめらかな高級感と極上の肌触りを実現しています。

■繊細で秀麗そして堅牢を実現させるカッシーナの木工技術

カッシーナは伝統的技術と革新的発想で、その時代時代にエポックメイキングな作品を発表し続けてきました。しかしそれは決して容易なことではありません。木材には産地、品種、部位などによって、堅さや木目、加工のしやすさなど様々な個性があり、木の加工には経験と高度な技術が必要です。カッシーナの卓越した技術で作られた木製の家具は、天然素材が奏でる温かさや風合いで、その空間を優しく彩ります。

カッシーナの母体は17世紀から続く家具工房で、現存する最古の作品としては1760年に建造されたイタリア北西部、ロンバルディア州にあるコモの大聖堂の説教壇があります。当時の西洋の教会には常に最高水準の技術が用いられていました。その説教壇を任されたカッシーナの高い木工技術と完成度は、当時から定評がありました。年月を経てカッシーナは会社として1927年に創業し、1950年頃から近代化を図ります。そのターニングポイントとなったのが「外部デザイナーとのコラボレーション」と「大量生産のための工業化」でした。外部デザイナーとのコラボレーションは、新しい発想や斬新なデザインと、それを具現化するための技術開発につながります。大量生産のための工業化では、機械を導入した効率化や分業が進みました。この時代にカッシーナは一躍、業界のトップメーカーに成長したのです。

カッシーナの強みの一つは技術開発力です。カッシーナは新しいデザインを形にする時、それを具現化するための素材や加工技術、工業化するための道具や機械類を、同時に開発します。それは、代々受け継がれてきた木加工の分野において特に顕著に表れており、伝統を踏襲するだけでなく、常に新しい仕口、新しい技法、新しい工具をも考案してきました。また、近代においては自動裁断機などのマシンも積極的に導入しています。木材の選別、木目の合わせ方、構造や仕口の開発は熟練の職人が丁寧におこないます。一方、工程によっては機械を積極的に採用し効率化・均一化を行います。

1957年に発表された「699スーパーレジェーラ」は、超軽量の木製椅子として有名です。デザイナーであるジオ・ポンティの軽さへのこだわりは、カッシーナの職人たちの心を動かし、この驚異的な軽さの椅子を実現させました。フレームは三角形に削り込むことで極限まで細く、シートは籐で張り込むことによって軽さと強度を両立させました。フレーム同士を継ぐ仕口は細さの中に強度を持たせるため、多面的なホゾが考案されました。その結果、軽いだけではなく建物の2階から落としても壊れない高い強度をもつ、伝説の椅子になったのです。

2007年、カッシーナは蓄積してきた木加工技術の結晶ともいうべき椅子「ピロッタ」を世に送り出します。デザイナー、ロドルフォ・ドルドーニにカッシーナが依頼したのは「カッシーナの木加工技術を余すところなく表現したアイテム」ということでした。「ピロッタ」には、立体的なカッティングや複雑な仕口を具現化し量産する、カッシーナの高度な木加工のノウハウが凝縮されています。

 

■Cassina 主要取扱商品

204 SCIGHERA シゲーラ システム ソファ/244 MYWORLD 244マイ・ワールド ソファ/286 ELORO 286 エローロ ソファ/399 VICO ヴィコ ソファ/MARALUNGA 40 マラルンガ40/AIR FRAME 3001 sofa /エアーフレーム 3001 ソファAIR FRAME 3001 bench / stool エアーフレーム 3001 ベンチ/スツールAIR FRAME 3003 エアーフレーム 3003 スリムソファAIR FRAME 3007 MID エアーフレーム 3007 ミッドソファAIR FRAME 3014 leather sheet bench エアーフレーム 3014 レザーシートベンチ276 ASPEN アスペン ソファBOOMERANG bench ブーメラン ベンチBOOMERANG sofa ブーメラン ソファBOOMERANG tandem bench ブーメラン タンデムベンチBOX small sofa ボックス スモールソファBOX sofa ボックス ソファ415 CAB キャブ ソファCAPTAIN キャプテン ソファCHAIRMAN チェアマン ソファ405 DUC デュック ソファELEVEN HIGH BACK イレブン ハイバック ソファ285 ELORO エローロ ソファEXTENSION Ⅱ エクステンションツー ソファGRAB large グラブ ラージ ソファGRAB mid グラブ ミッド ソファGRAB small スモール ソファK02 GRANDANGOLO グランダンゴロ システムソファILE sofa イル ソファINWOOD インウッド ソファ380 LA MISE ラ ミーズ ソファLAND ランド ソファLC2 ソファ/オットマンLC3 ソファLC3 OUTDOOR アウトドア ソファLC5 LC5ソファ675 MARALUNGA マラルンガ ソファ271 MEX CUBE メックスキューブ システムソファ192 MILOE system sofa ミロー システムソファ235/236 MISTER ミスター システム ソファ191 MOOV ムーヴ システムソファ253 NEST ネスト スツール/ベンチNORMANDIE Ⅱ ンディドゥー ラウンジチェア202 “8” 8(OTTO) オット システムソファPAD パッド ソファ241 PRIVE プリヴェ ソファRECT レクト ソファ514 REFOLO レフォロ ソファTANGRAM is5 タングラム システムソファ403 TILBURY ティルブリー ソファ185 TOOT トゥート システムソファ637 UTRECHT ユトレヒト ソファ243 VOLAGE ヴォラージュ ソファ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*