神戸市を中心に兵庫県でロイズアンティーク/LLOYD’SANTIQUESの買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロイズアンティークの画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でロイズアンティーク/LLOYD’SANTIQUESの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

「ロイズアンティ...」の画像検索結果

ロイズのインテリアスタイル

生活の中にお気に入りの家具をひとつ取り入れると、それだけで日常の生活がわくわくと楽しいものになります。
とりわけそれをアンティーク家具で選ぶと、不思議とよりいっそう輝きを増し、ワンランク格が上がったような素敵な空間ができあがります。そんな魔法のような雰囲気をもたらす魅力がアンティーク家具にはあります。
ロイズ・アンティークスでは、1988年、東京に1号店をオープンして以来、様々なかたちで皆様の生活空間の演出をお手伝いする中でアンティーク家具を通して、たくさんのお客様に喜んでいただく瞬間を一緒に共有してまいりました。
その中心となるのは、やはり英国アンティーク家具ですが、住居・ファッション・文化など生活環境の変化にともない、私たちの視点も自然と英国から北欧、そしてヨーロッパ全土へと広がっていきました。
そして現在、私たちロイズ・アンティークスでは、様々な時代の様々な文化やスタイルがミックスした、「ミックスカルチャースタイル」をロイズ・アンティークスが発信するインテリアスタイルとして提案しております。ぜひ、進化し続けるロイズ・アンティークスの「いま」をご体験ください。

ミックスカルチャー・スタイルを構成する5つのコンセプトラインと2つのコレクション

CLASSIC LINECLASSIC LINE

1880~1940年代の英国アンティーク家具が中心。もっとも英国らしいアイテムが揃うロイズ・アンティークスの看板アイテムともいえるラインです。
作られた時代背景によって英国の生活スタイルを大きく反映しており、年代ごとに見ていくととても興味深く、イギリスの家具文化が時代と共に生んだ格式のあるクラシックラインです。

 

 

MODERN LINEMODERN LINE

1950~1970年代、近代化から生じた産業革命によって製作された家具。この時代は板を曲げる加工技術や合板を活用したシンプルかつモダンなデザインが特徴で、アートのようにみごとな工芸美や機能美をあわせ持ちます。
一方で、北欧家具に見られるような温かみのある雰囲気やチーク材を用いた明るい色味もこのラインの特徴です。明るい色味から、空間をカジュアルに軽やかに見せるのが得意です。

 

 

CONTEMPORARY LINECONTEMPORARY LINE

非現実的な日常と唯一無二の空間を与えてくれるスタイリッシュで個性的なアイテムです。
イタリアモダンを中心としたアイテムはヨーロッパでも商材価値や希少性が非常に高く、1950~1970年代のオリジナルアイテムは年々評価が高まっています。
ファッション業界では「現代的」という意味をコンテンポラリーと表現することがあります、そんなコンテンポラリーでエッジのきいたアイテムを、ロイズ・アンティークスではコンテンポラリーラインと位置づけます。

 

 

COUNTRY LINECOUNTRY LINE

1880年代から1900年代初期にかけて、イギリスやフランスの田舎で使われていた家具や道具は通称、カントリー・アンティークと呼ばれています。この家具は手作りならではの温かみに加え、長年使い込まれたもの特有の味わいが魅力です。
当時は再利用して造られていたパイン家具ですが、現代ではその経年キャラクターに価値があり、ヨーロッパでも人気の高いスタイルです。経年変化によって飴色に成長していく過程を楽しむことができます。

 

 

INDUTRIAL LINEINDUSTRIAL LINE

工場などで実際に使われていた工業製品、金属什器をリメイクなどして生まれたのがインダストリアルアイテムです。
無骨で男性的な雰囲気を持っており金属研磨によって生まれる独特の雰囲気や、オリジナルの燻った質感がこのラインの最大の魅力です

 

 

 

REPRODUCTION COLLECTIONREPRODUCTION COLLECTION

英国の伝統をそのままに、現在に忠実に再現しオーダーメイドできるリプロダクション家具です。

 

 

 

 

BRAND-NEW COLLECTIONBRAND-NEW COLLECTION

ミックスカルチャースタイルの、最新のエッセンスとして取り入れてもらいたい現代家具や現代インテリアアクセサリーがブランドニューコレクションです。スタイルコーディネーションの完成度をワンランクアップさせます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*