兵庫県でKnoll/ノールの買取ならライフスタイルギャラリー。Knollのデザイナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Knoll買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でKnoll/ノールの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

 

Knoll/ノールのデザイナー

ミース・ファン・デル・ローエ

Mies van der Roheミース・ファン・デル・ローエ

Mies van der Rohe(ミース・ファン・デル・ローエ) 1886年~1969年。 20世紀最大の建築家、芸術家、哲学者。モダニズム建築を代表する建築家として、ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトと共に”近代建築の三大巨匠”と呼ばれています。

1886年、ドイツのアーヘンで石工の息子として誕生したミースは、正規の建築教育を受けず独学で大成。1920年代には設計者として既に名声を得ており、戦後のヨーロッパでは建築革命家として、インターナショナル・スタイルの発展に大いに貢献しました。
代表建築物の一つである1929年設計の「バルセロナ・パビリオン」は、モダニズム建築の傑作として建築史上有名です。その他、1930年のチューゲンハット邸(チェコ・スロバキア)、1958年のシーグラム・ビルディング(ニューヨーク)、1973年のシカゴ連邦センター(シカゴ)など。 「God is in the details(神は細部に宿る)」という考えのもと、ミースは細かなディティールにこそこだわり、作品全体の美しさを追求し構築しました。

Barcelona Chair  Four Seasons Stool

 

Eero Saarinenエーロ・サーリネン

Eero Saarinen(エーロ・サーリネン) 1910-1961 アメリカで活躍した建築家。フィンランドのヘルシンキに生まれ、13歳のときに家族でアメリカへ移住。父はクランブルックの校長であるEliel Saarinen、母はテキスタイルアーティストのLoja Saarinenであり、幼いころからデザインに囲まれて育ちました。パリ留学で彫刻を学んだ後、イェール大学で建築学を学び、1934年にはミシガン州にある父の建築事務所で働きながらクランブルックで教鞭を執りました。 1940年、MoMA主催の「オーガニックデザインコンペ」で、同校で出会ったチャールズ・イームズと共同製作したプライウッドチェアがグランプリを受賞。一躍注目を浴びました。幼い頃からフローレンス・ノルと深い親交があり、彼女のデザインにも多大な影響を与えています。
フローレンスがKnoll に入社した1940年より、サーリネンはフローレンスに依頼され、Knollとのコラボレーションをスタートします。その後15年にわたり、チューリップチェア、テーブル、ウームチェアをはじめ、70ものシーティングコレクションなど数々の名作をデザインし、Knollの歴史に大きくその名を刻みました。
家具における業績に加え、サーリネンはモダニストのリーダーとして極めて優れた建築物を残しています。代表作は、ワシントン・ダレス国際空港、セントルイスのゲートウェイ・アーチ、ケネディ国際空港のTWAターミナル、ニューヨークのCBSビルディングなど。

Tulip Armchair Medium Womb Chair

 

 Harry Bertoiaハリー・ベルトイア

Harry Bertoia(ハリー・ベルトイア) 1915-1978   ハリー・ベルトイアとKnollとの関係は、設立者ハンスと、そのパートナーであるフローレンス・ノルの強い要望により、1947年よりスタートします。ベルトイアと共にクランブルックで学んでいたフローレンスは、彼に創作活動の時間と場所を与えれば、いずれ素晴らしい作品を生み出すだろうと確信し、ペンシルバニアにあるKnoll社の工場の一部を彼の工房として与えました。ベルトイアはその工房で自由に作品作りに専念し、約1年半の歳月をかけ完成させた「ダイヤモンドチェア」等のワイヤーチェアコレクションを発表。彼の得意とする彫刻の要素を持つ美を「椅子」へ導入したこのコレクションは高い評価を獲得し、商業的にも大成功を収めました。 その後、ベルトイアは工房を移し、彫刻家としての活動で多くの作品を残しています。彫刻の代表作である、MITチャペル(1956年/エーロ・サーリネン設計)の祭壇に設置された金属製の彫刻スクリーンは、建築と彫刻の融合性を持った象徴的空間と言えます。 Knollは、発売以来世界中で生産し続けているベルトイアのコレクションと共に、彼の財産であるイノベーション・インスピレーション・審美性を引き継いでいます。

Bertoia Side Chair Diamond Chair

 

Marcel Breuerマルセル・ブロイヤー

Marcel Breuer(マルセル・ブロイヤー) (1902-1981) ハンガリー出身の建築家・デザイナー。 彫刻家を志し、ウィーンの芸術アカデミーに入学。その後、ヴァルター・グロピウスのバウハウスの魅力にひかれ、バウハウスへ入学。1925年から1928年にかけ、同校のマイスターとしてスチールパイプを使った椅子の開発に勤しみ、このとき彼の作品の中で最も有名となるワシリーチェアが誕生します。 後にアメリカへ移住し、ハーバード大学デザイン大学院の教授として建築を教え、バウハウス時代からの友人であるグロピウスと共に、ニューヨークでいくつかの住宅の設計も手掛けました。 “芸術もテクノロジーも共に素晴らしいものであり、一緒にできれば2倍の素晴らしさになる”という考えのもとデザインされる建築・作品の数々は、モダニズム建築の代表と評され、多くが模範の対象となりました。

Wassily Chair Laccio Side Table

 

Florence Knollフローレンス・ノール

Florence Knoll (フローレンス・ノル) Knollに大きく貢献したアメリカの女性デザイナーであり、Knollの創業者ハンス・ノルの妻。 1917年、ミシガン州に生まれ、早くから建築に興味を持ち、クランブルックに隣接するキングスウッド・スクールに入学。 このときにエリエル・サーリネンと出会い、サーリネン家の知的な生活環境で建築や美術に触れ、後に開花する類まれなるデザイン力と、先駆者となるキャリアの基礎を積み上げていきました。 クランブルック美術アカデミーで建築を勉強し、卒業後ロンドンへ留学。その後、イリノイ工科大学へ入学し、ミースに師事。この学生時代の広い交友関係が、後のKnollに大きな貢献をもたらすこととなります。 1941年にニューヨークへ戻り、グロピウス、ブロイヤー、ミース等、20世紀の偉大な建築家のもとで勤務。この頃にハンス・ノルと出会い、1946年、二人は結婚。 優れたデザインスキルを持つフローレンスと、ビジネス感覚、セールスに長けているハンス。この2人のペアによって、Knoll社はデザインで影響を与える国際的な企業へと成長し、アメリカンモダンファニチャーのリーディングカンパニーとしてその地位を確立しました。 1947年、カバーリング部門「Knoll Textiles」を設立。Knoll社は、インテリアにおける商用テキスタイルのニーズに応えた最初の企業となりました。業界のパイオニア的存在として、初期からKnollを支え続けてきたフローレンス。Knoll、そしてアメリカモダンの成長における彼女の貢献は計り知れません。

Lounge Chair Settee

 

 

 

Wooden Chair Collection

Cross Check ArmchairStraight ChairRisom Lounge ChairRisom Side ChairKrusin Lounge ChairShelton Mindel Armchair

Lounge Chair Collection

D’Urso Swivel Lounge ChairJehs+Laub Lounge Chair – Fixed BackDivina SetteeSM1 Lounge ChairSM2 Lounge ChairSM1 SofaPlatner Lounge Chair

Table Collection

Face Off TableCyclone Dining TableSM Coffee Table – LargeSM Side TablePlatner Large Round Dining Table

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*