神戸市を中心に兵庫県でアルフレックス/arflexの買取ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルフレックス買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でアルフレックス/arflexの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

alflex

<arflex>の名の由来は「arredamenti(イタリア語=家具)」と「flexibility(英語=柔軟性、適用性)」の頭文字から。
いつの時代にもどのような環境にも適応する家具でありたいという願いがこの名に託されています。
1951年にイタリアで生まれ、その後1969年に海をわたり「イタリア生まれ、日本育ち」のブランドとして、
イタリアの合理性と日本の価値観や住環境に適したものづくりによって、長くお使いいただける家具と、
心豊かに暮らすためのライフスタイルを提案しています。

creative philosophy アルフレックスの理念

<arflex>の願いは「上質な快適」をお届けすること。
家具とともに始まる豊かな生活をお届けすることです。
そして<arflex>が考える豊かな生活とは、人が主役で人が中心の生活。
デザインよりも、使い勝手や快適さを大切にし、機能とデザインが調和し、使う人に寄り添う家具を追求しています。
また何年経っても飽きることのないシンプルなデザインと長く安心してお使いいただくための耐久性を高めることで、将来のメンテンナスに配慮。
<arflex>の求める家具はまさに「生活の道具」です。
上質の家具を、理想の生活像を描いていただけるようにご提案し、お届けし、そしてメンテナンスをする。
これが<arflex>そのもの。<arflex>はこの理念を追求し続ける、ライフスタイルファニチャーブランドです。

1951 「奇跡」から生まれたデザイン

1945年の終戦からわずか6年、イタリアの世界的タイヤメーカー ピレリー社の有志と当時無名のデザイナーマルコ・ザヌーゾにより、誕生したチェア「LADY」が、美術工芸展「トリエンナーレ」で金賞を受賞。当時一般的な家具が木を中心に藁やパンヤ、馬毛などで作られていた中、人工素材である成型ゴムとエラスティック(伸縮性のある)ゴムベルトの家具への転用を試みたこの革新的な出来事が、アルフレックスの第一歩となりました。

LADY アルフレックス製品化モデル第一号。自由な形状を描くソファは当時の家具業界に衝撃を与えた。

FIORENZA 「不朽の肘掛け椅子」と評されたフランコ ・アルビーニのデザインによるパーソナルソファ。当時フォームラバー(合成ゴム)の可能性を十二分に示した。

MARTINGALA 「マルティンガーラ」とはイタリア語で「外套の背部のベルト」の意。このベルトはカバーリングの取り外し部分でもあった。

1980 六本木アクシスビルに移転 オリジナル製品の充実

デザインをテーマに作られた話題の「AXISビル」に移転。店内デザインはチニ・ボエリによるユニークな空間構成。そして1986年には、日本のライフスタイル研究の証として現在にいたるロングセラー 「A・SOFA」が誕生。柔らかめの座り心地、シンプルな内装にマッチするデザイン。そして今もアルフレックスの根底に息づく「長く快適に使う」ための仕組みと構造を実現しました。

A・SOFA 堅牢なフレームに羽毛を用いた柔らかいクッションをたくさん置く。シンプルな発想と優しい座り心地、ワイドなサイズ感は大ヒット。それぞれの年代のファブリックをまとい、今もなお愛され続けている。

NT 木と革だけで構成され、しかも革テープの編み込みだけに座るという新たな発想にトライアルした川上元美デザインによるチェア。2009年グッドデザイン賞、ロングライフデザイン賞受賞。NEO CUSCINI 「本体は頑強に、クッションはルーズに」がコンセプトのネオ クッシーニ。モールディング、10年間保証、カバーリングなどそれまでの技術を結集して作られた。

1990 時代が生んだトータルコーディネート

当時、チェアやベッド、収納などの木製品の面材や仕上げがそれぞれのカテゴリーで考えられていた中、アルフレックスではそれを統合。これによりインテリアの統一感を手軽に演出できるようになりました。これは住まいの中で進むLD(リビング・ダイニング)化を先読みした提案であり、コーディネートはインテリア選びの醍醐味として一般にも浸透していく契機ともなりました。

COMPOSER 住まい全体ヘ商品レンジを広げながら、各部屋の壁面を飾り機能性を発揮する収納シリーズは、当時のアルフレックスの世界観をつくるのに威力を発揮した。

KU 90年代もまた一層ダイニングアイテムが充実した。KUチェアはそれまでのアルフレックスにない「色気」をまとったチェアとして人気を博した。

TAVOLO NAVE 船底型の天板、絶妙な脚部のふくらみ。タボロ・ナーベはこの先のダイニングテーブル №1の座を長くキープすることになる。

2000 リラックスの象徴 シェーズロングの台頭

オットマンを置くのではなく、足を伸ばして座れるシェーズロングとよばれるソファが、よりリラックスできるスタイルとして新たな地位を確立。大型のテレビやホームシアターの普及ともあいまって、家族みんなで囲む大型のリビングスタイルに。リラックスタイプのソファは一時代を築いたと言えるでしょう。

CASCATA シェーズロング型ソファの原型を作ったカスカタソファ。伸びやかなフラットシートや水牛革で編みこんだフレームが開放感を演出した。

VASCA 座りにくいコーナー部分に丸みをつけ、自由な角度で座れるベストポジションにするという新たな発想のソファ。大型のシートは、ソファの上での過ごし方の可能性を広げた。

VAKNA より快適な眠りのために、 「SLEEP」と題しベッドとベディングを再構築。居住性を考慮したヴァクナベッドなどともにオリジナルマットレスなど機能に優れたアクセサリーも充実。

2010 サステイナブルな道具としての家具

家で過ごす時間がより重要視される時代。それと同時にモノの選択は、価格やブランドという要素ではなく、自身の価値観でとらえるように変化しています。そしてアルフレックスでは、年々増えるメンテナンス件数の増加に「どう使い続けられるか」がモノづくりの大きな基準となり、一層将来のメンテナンスに考慮した製品が多く誕生しています。

RINN 軽快なフレームワークとシート部にはカバーリングを採用したリンチェア。カバーの着脱は非常に簡便で、かつずれにくい。チェアに新たな可能性を持ち込んだ。

GALE 最高級のフェザーを使い、限りなく贅沢な座り心地を追求したガーレ。「世界一の座り心地のソファ」の追求から生まれた。自然素材の復元力を引き出すメンテナンス方法の検証モデルともなった。

VELATO デザイン、サイズ、機能性、プライス。すべてのバランスがとれたスマートで軽快なソファ。新たなお客様に、新しい場所に選んでいただけるアイテムとなった。

2013 拡張型リビングの発想

時代の移りかわりとともにリビングで過ごすスタイルも変化。デジタルディバイスの普及は、リビングがそれまでのテレビを中心としたスタイルから、個々の快適な居場所となる形に変化しつつあります。自由に伸張する展開型のソファは、集いながらも個々の快適な空間を確保。こうしたソファが私たちの過ごし方をも変えていきます。

OLTANO 4つの変形ユニットで作られる新たなレイアウトから、これまでにないコミュニケーションや関係性を追求したユニークなソファ。このあとに続く拡張型リビングの検証ともなった。

MIO ペニンシュラと呼ばれる背やアームのないユニットにより、周囲と双方向につながる新たな過ごし方や、セカンダリーリビングのあり方を提唱。

MERCADO アームのない単純化されたユニットによるフリースタイルソファ。方向性のないオープンなレイアウトで、ソファが空間と空間をつなぐ役割にもなることを提案した。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*