初代・大饗仁堂 備前焼 宝瓶 買取させて頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1740

大饗仁堂 備前焼 宝瓶を買取させて頂きました。

 

初代・大饗仁堂 明治23年~昭和29年

蛙の細工物を得意とし、蛙仁堂の異名を侍つ細工の名手。

京都にて陶芸修行をし、竹野某について細工物を学ぶ。

三村陶景の開いた伊部陶芸学校で学び、同時に彫刻家・井上仰山について、彫塑を学ぶ。

朝鮮総監府の招きで渡鮮、京城にて3年間陶芸を教える傍ら朝鮮陶器を研究する。

大正3年 博覧会において朝鮮総督から賞を受ける。
大正7年 備前に移り住む。
昭和29年 岡山県重要無形文化財保侍者となる。

 

現在、国内問わず海外からの人気も高い備前焼の宝瓶(ほうひん)。

特に大饗仁堂の龍摘宝瓶はコレクターも多いのです。

倉庫の奥にそれらしきものがあるかもしれない。もしかしたらこれ?といった場合にも是非一度お尋ねください。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

SNSでもご購読できます。