荊渓恵孟臣製 中国茶器 茶壺 買取させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1979

荊渓恵孟臣製 中国茶器 茶壺を買取させていただきました。

 

中国茶(ちゅうごくちゃ)は中国大陸及び台湾などで作られるお茶の総称。

それを飲むにあたって茶器は欠かせないものです。

中国茶器は、茶壺(ちゃふう)、茶杯(ちゃはい)、茶海(ちゃかい)、茶盤(ちゃばん)と呼ばれる容れ者が最低限使用されます。

その中でも茶壺はお茶をするにあたって最も重要な器であり、目玉。

形、色、土、模様など、様々で、非常に細かく細工がされているものはコレクター価値も高いようです。

 

今回買い取らせていただいた荊渓恵孟臣製の茶壺は、早期壺と呼ばれ、中国宜興で文革時期から80年頭くらいに生産された茶壺。

早期壺は今出来のものとは違い、養壺(茶壺を磨いてつやをだす)がしやすくお茶もおいしく入るそう。

そのへんはきっとのめりこんでいかないとイマイチわからにところではあるのでしょうが、、、

どんなジャンルにも楽しみどころはたくさんありますね。

この茶壺、掌にチョコンと乗るような非常に小さい、かわいいサイズのものでした。

もしおうちで見かけたな、、、使わないな、、、といった事があれば是非、お声がけください!

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

SNSでもご購読できます。