中村六郎 ぐい呑み 買取させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1430

中村六郎 ぐい呑みを買取させていただきました。

 

寒くなってきて、こんな日は熱燗で一杯、という方も多いのではないでしょうか。

ぐい呑みの由来は、その名の通り「ぐいっと呑む」、から来ているという説があります。

ぐいっと、いきたいです。

 

今回ご紹介の中村六郎という作家は1914年2月4日から2004年4月11日まで活躍した、岡山県備前市伊部生まれの陶芸家。愛称は「六さん」

日本工芸会中国支部、備前焼陶友会、伝統工芸士会に所属した。

父親が金重陶陽らの作家たちと親しく、その影響で陶芸家を志す。

終戦までは会社勤めをするが、1945年に金重陶陽に師事し、技術の修練を積む。

また、北大路魯山人が金重陶陽宅に来訪時には、藤原啓、山本陶秀らと共に、その技術を学び影響を受けたと言われている。

1961年に六郎窯を築いて独立する。1986年には伝統工芸士に認定される。

ろくろでは徳利などの酒器を好んで製作。

たたらでは泡瓶、急須、茶碗なども手がける。朴訥で野性味あふれる作風。

観音土のねっとりとした土味に、窯変で現れる深い緋色は「中村家の緋色」と言われ、愛好家が多い。

文豪井伏鱒二は亡くなる前に、ベッドの中で六郎の徳利をまさぐっていたという。また、歌人の杉鮫太郎や、詩人の安東次男らと交流があり、六郎の経歴書に紹介文を書いている。

特に安東次男は窯出しの度に来訪し、窯傷の入ったものばかりを欲しがり、六郎を困らせたという話が残されている。「酒器の神様」、「とっくりの六郎」などの威名をもつ。

長男の中村真、孫の中村和樹も陶芸家である。

 

どちらかというと、ぽってりとした力強い作品を作り、上記にもあるように酒器を好んで作った。

窯変が非常に綺麗で、表と裏でまったく異なった表情を見せてくれます。

なかなかの存在感なので、このぐい呑みにも負けないくらい存在感のある徳利も同時に集めてみたいものです。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます、

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

SNSでもご購読できます。