家具の買取

兵庫県でカリモク,karimokuの買取ならお任せ下さい。

カリモク買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)でカリモク,karimokuの買取ならリサイクルショップ ライフスタイルギャラリー神戸店

カリモク買取神戸の画像


木を知り、木を愛する家具メーカーとして

100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具を作りたい

本物の木には、温もりがあります。優しい肌障りの木肌、美しい木目には心をいやしてくれるチカラがあります。

幾星霜もの年輪を刻み、樹木から木材、そして家具となってもなお生き続ける木。

カリモクは「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具を作りたい」を合言葉とし、

これからも木と語り合いながらお客様に愛される家具をお届けしたいと願っています。

ぬくもりを感じるしっとりとした質感が魅力の木製家具も、主材料が天然素材であるがゆえに、どうしても「狂う、割れる」という家具づくりには少し厄介な性質をもっています。

その“狂い”や“割れ”の原因となるのは、木材に含まれる水分。

木材の乾燥をしっかりと行い、適正な含水率を確保することが重要となってきます。

カリモクではこの木材乾燥に、まずは3ヶ月から6カ月をかけてじっくりと「天然乾燥」、その後に、家具に適した材とする為の「人工乾燥」、「シーズニング」など、たくさんの工程を経て、高度な温・湿度管理を行っています。

そして、資材工場では、材質の厳重なチェックと共に、必要な時に必要なだけを木材供給する一貫した生産体制を実施。

国産メーカーならではの、優れた木材品質を実現した家具づくりです。

カリモクとは

1947年に創業した「刈谷木材工業」が河合楽器や三洋電機の木製品作りで培われた技術を家具に用いたことでカリモク家具は誕生した。

いまや日本最大手の家具メーカーとして知られている。カリモク家具の原点となる60年代の空気感&レトロ感を大事にしなら進化を続ける、伝統のブランドが「カリモク60」である。

また、家具作りのこだわり、職人の技と機械技術、デザインや素材にこだわりぬいたラインとして「ドマーニ」を展開する。

カリモクブランドでもロービーチェアやKチェアなどの代表作品も数多く輩出されています。

イメージから探す

リビングダイニング寝 室ワークスペースカテゴリから探す

神戸を中心に兵庫県で天童木工の買取はお任せください。

天童木工買取神戸の画像

兵庫県(神戸市、芦屋市、姫路市、加古川市)で天童木工の買取ならリサイクルショップ ライフスタイルギャラリー神戸店

兵庫県天童木工買取ロゴ

天童木工HP


生誕地として、
ブランドを支える土壌として、

四季折々の変化に富んだ舞鶴山の景観
明治の初頭より歴史を連ねる由緒ある温泉地など
美しい自然と数々の名所を誇る山形県天童市は
古くから将棋の駒をはじめとする木工業の
盛んな街としても知られています。
「山形の人間が、天童の人間か作るから価値がある」
先人たちにこう言わしめた、山形の職人気質は
天童木工で働く職人の誇りであり、かつブランドです。
1940年の創業から今日まで、私たち天童木工は
誕生の地、天童から、数々の製品を送り出しています。

木を愛し、鍛え、美しく機能的な
プロダクトへ導く技術とこだわり
人に個性があるように
木も種類によって強度や重さ、色、木目など
それぞれ固有のキャラクターがあります。
お客様に末永く愛される家具を提供する
その第一歩は、材料となる木と対話し
それぞれの個性を知ることから始まります。
木へのこだわりは
天童木工の歴史そのものです。

かけた時間の分だけ

木は応えてくれます

ウォールナット、ローズウッド、オーク、サペリ、ホワイトビーチ
お部屋のインテリアやお客様の個性に合った
樹種をお選びいただけるよう
天童木工は、厳選した木材を世界中から仕入れています。
仕入れた木材は、およそ1~5年間、屋外でじっくり天然乾燥させます。
ー木材を仕入れてから5年も寝かすー
現在のスピード感からすれば、確かに非効率かもしれません。
木は自然の中で生まれ、時間をかけゆっくり成長します。
天然の木を家具の材料として使えるようにするには
木に大きな負荷がかからないように
生まれ育った自然と同じリズムで
じわりじわりと水分を抜いていくことが大切です。
スピードと効率を優先し急激に乾燥させてしまえば
その過程で割れや反りが出る可能性が高まり
材料として使えない割合が増えてしまいます。
だから、ゆっくり、時間をかけ、木を鍛えるのです。
かけた時間の分だけ、木は応えてくれます。
木との対話から教わった、天童木工のこだわりです。

木を愛し、鍛え、美しく機能的な

プロダクトへ導く技術とこだわり
人に個性があるように
木も種類によって強度や重さ、色、木目など
それぞれ固有のキャラクターがあります。
お客様に末永く愛される家具を提供する
その第一歩は、材料となる木と対話し
それぞれの個性を知ることから始まります。
木へのこだわりは
天童木工の歴史そのものです。
木を鍛える
かけた時間の分だけ
木は応えてくれます
木を愛する
大切な資源を少しでも
無駄にしたくない
木を導く
非常に複雑かつ高度な
職人技が要求されます
かけた時間の分だけ
木は応えてくれます

ウォールナット、ローズウッド、オーク、サペリ、ホワイトビーチ
お部屋のインテリアやお客様の個性に合った
樹種をお選びいただけるよう
天童木工は、厳選した木材を世界中から仕入れています。
仕入れた木材は、およそ1~5年間、屋外でじっくり天然乾燥させます。
ー木材を仕入れてから5年も寝かすー
現在のスピード感からすれば、確かに非効率かもしれません。
木は自然の中で生まれ、時間をかけゆっくり成長します。
天然の木を家具の材料として使えるようにするには
木に大きな負荷がかからないように
生まれ育った自然と同じリズムで
じわりじわりと水分を抜いていくことが大切です。
スピードと効率を優先し急激に乾燥させてしまえば
その過程で割れや反りが出る可能性が高まり
材料として使えない割合が増えてしまいます。
だから、ゆっくり、時間をかけ、木を鍛えるのです。
かけた時間の分だけ、木は応えてくれます。
木との対話から教わった、天童木工のこだわりです。

大切な資源を少しでも
無駄にしたくない

天童木工は成形合板による家具作りを得意としています。
成形合板の最大の特徴は、厚さ1mm程の薄い板(単板)を
一枚一枚、木目が交差するように重ね合わせて作られる点です。
これにより、強くて軽いという相反する性質を両立しながら
繊細で美しい曲面を描く成形が可能になるのです。
成形合板にはもう一つ、大事な特徴があります。
それは、単板を木材から“カツラ剥き”のように切り出すため
木材を無駄なく使える、という点です。
単板ゆえに、どんなに複雑な形でも設計の段階から計算し
必要な形を無駄なく効率的にカットできます。
その結果、同じ木材から家具の材料として使える割合は
無垢材が約40%なのに対し、成形合板は約80%と言われています。
また、天童木工は地元山形県が推進するプロジェクト
「天童・不思議の森」に参加し、植林や下刈り、間伐など
森林の保護育成を行うほか、そこで出た間伐材で
ベンチを作り、市民のみなさんに提供しています。
大切な資源を少しでも無駄にしたくない。
木を愛し、自然と共に生きる、天童木工のこだわりです。

1463546691944

兵庫県でカンディハウス,conde houseの買取致します。

兵庫でカンディハウスの買取ならお任せ下さい。

カンディハウス/CANDEHOUSEの買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー神戸店

兵庫県神戸市を中心に芦屋市、姫路市、加古川市でカンディハウス,conde houseの出張見積、出張買取させて頂きます。

CANDEHAUSEロゴ

 


長く愛されるものをつくる。それが、つくるということ。

家具は、道具であるけれども。

それを持つのに、たくさんの理由がいらない道具だと思います。

きれいだとか、気持ちがいいとか、楽しいとか。

そんなお客さまの直感に応える家具を、

カンディハウスはつくりたい。

世界中に新しいデザインを求めるのも、良質な木材を選び抜き、堅牢な構造に知恵を絞るのもそのためです。

愛着を支えるため、修理や買い取りの体制も整えました。

ものをつくることは、私たちにとってずっと好きでいてもらえるものを、つくることなのです。

森のとなりで、森のリズムで、家具をつくる。

100年、200年生きた樹木のいのちを預かるのなら、一本一本を生かしきり、長く使える道具にする責任があります。良質な素材を選び、頑丈でメンテナンスの可能な構造を考え、機能的かつタイムレスなデザインを施す。そうすることではじめて、成長していく森とそれを使わせてもらう人間との足並みが揃うのだと思います。

大雪の山々に囲まれた旭川は、豊富な森林資源を背景に木工産業が発達した地です。私たちも深く美しい北の森のとなりで、木の呼吸を肌で感じながら家具をつくってきました。木は育った場所の気候や環境によって一本一本違う表情をしており、クセや特性も異なります。どの家具のどの部分に、どの木のどこをどう使うか。これを読み取ることができるのは、私たちつくり手の心に自然に育まれた、木への思いの力にほかなりません。

長く愛される家具は、3つの寿命を持つといいます。ひとつは「素材の寿命」。良質な木を選び、狂いの生じない乾燥を施し、適切に木取ることが必要です。ふたつめは「構造の寿命」。機能性と耐久性を持った、信頼できるつくりでなければなりません。そして「デザインの寿命」は、飽きのこないタイムレスな美しさと使いやすさを備えていることです。
私たちはこれに加えてメンテナンス性を工夫し、より寿命の長い製品づくりに努めています。次の森が育つまで使える家具。それがカンディハウスの考える本当のロングユースです。

日本でつくるということ。世界で使うということ

私たちは創業時から世界を見ていました。いろいろな国に暮らす人の心地よさを考えるのは、家具という、人にとても近い道具をつくる者として自然なことに思えたからです。1984年アメリカ、2005年ドイツ。海を越えたふたつの拠点は、私たちが「ニッポン」を胸に、世界に通用する製品を生み出す原動力となっています。

1984年アメリカ・サンフランシスコ、2005年ドイツ・ケルン。ふたつの海外拠点を開設したのは単なるマーケット拡大のためではなく、情報の通り道を拓く目的からです。この道を行き交うのはすぐれたデザイン、素材や商材、販売チャネル、そしてイベントやOEMなどの企画、提案。私たちはこの道を通して、日本のものづくりを世界に向けて発信すると同時に、世界を感じ、世界から学び、そして私たち自身を外からの視点で見ているのです。

日本製から日本性へ

日本製から日本性へ
今、海外で求められている日本。それは私たち日本人が考える日本とは別なものであることを、アメリカでのビジネスや、ミラノとケルンで開催した展示会などを通して感じてきました。素材の使い方であり、ミニマムで洗練されたデザインであり、緻密なつくりという、いわばモダンな日本です。カンディハウスはこれを“日本性”として着目し、既にきっかけとなっています。

デザインに心躍らせる職人たち。

国内、海外のデザイナーと出会い、互いに尊重し合って妥協のない製品を開発する経験が、どれほどカンディハウスの「デザイン精神」を育ててくれたことでしょう。デザインコンペの作品の製品化など高度なデザインソースを取り込むことは、つくり手としての挑戦にほかなりません。そうして自らの技術と感覚を磨き続けてきたことで、今の私たちがあるのです。

デザインからすべてが始まる

IFDA
つねに新しいデザインソースを求める姿勢は、創業以来少しも変わっていません。創業当初から積極的に外部のデザイナーを起用し、製品開発にはどんなときも「世界に通用するものをつくる」という意識でのぞんできました。アメリカに現地法人を開設してからは特に海外のデザイナーとの出会いがふえ、コラボレーションはますます活発になっています。

1990年に始まった「IFDA・国際家具デザインフェア旭川」は、デザインコンペティションをメイン事業とする家具のトリエンナーレ。コンペには毎回世界各国から多数の応募があり、新人デザイナーの国際的登竜門となりました。
カンディハウスは、その応募作品の試作を引き受けるとともに、製品化にも継続的に取り組んでいます。新しいデザインとの出会いを積極的につくり、ともに感動しながらよりすぐれた製品を生み出そうと考えているからです。