2017年 4月 の投稿一覧

mobilia de Sede スネークソファ 買取させて頂きました。

20170426

本日はモビリア社取扱、高級ソファの最高峰スイス デセデ社より、Ueli Bergerデザイン総本革張りスネークソファ14ピースを買取させて頂きました。

mobilia(モビリア)社の代名詞とも言える通称「スネークソファー」。
小さなピースの連続で形成されており、なだらかに弧を描くレイアウトの自由度はもちろん、他に類を見ない抜群の座り心地と構造美、素晴らしい耐久性は一生ものと言えます。
ジョイント金具とジッパーによるアコーディオン式の連結、背もたれ・座面以外はファブリックのタイプになります。もちろん好みに合わせてユニットを増やすことも、減らすことも可能です。
ラウンジソファ、レセプションルームなど自由にユニットをつなげ、湾曲させお好みの形にお楽しみ頂けます。
1972年に誕生して以来、世界中のエグゼクティブたちに愛され続けている名作ソファです。

実物を見る機会はなかなか無いので、テンションが上がります。

値段やブランドが家具の全てではございませんが、やはり高級家具には独特のオーラが有る気がします。

家具好き必見のアイテム。お一つ如何でしょう?

ライフとキミドリ神戸店ではデザイナーズ家具をはじめ様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Richard Ginori リチャードジノリ カポディモンテ フラワーベース 買取させていただきました。

2545

Richard Ginori リチャードジノリ カポディモンテ フラワーベースを買取させていただきました。

 

底裏に、カポディモンテのロゴ、王冠にNのスタンプがあります。

 

ナポリ王カルロ3世がマイセンを意識し、カポディモンテ窯を築き10数年後、自国スペインに帰る際、ジノリ侯爵にその設備と材料を譲り、現在忠実に再現したシリーズが「カポディモンテ」
このスタイルの原型は、ウィーンの16世紀の飾り額、神話のフィギュリン、17~18世紀にフィレンツェの彫刻家達によって作られたメダルだと言われています。

こうしたカポディモンテは、スープ鉢、ティー、コーヒーおよびチョコレートセットなどの作品があり、さらには小さなフィギュリン作品へと世界を広げていきました。

白磁ばかりだけでなくカラー作品にも適用され、19世紀中頃に生産された小さなキューピットシリーズや、

ヘレニズム文化を題材にした大きなフィギュリン作品は、高度な技術を有していたため、イタリア フィレンツェの名家メディチ家の贅沢なコレクションにも加えられました。

 

買取させていただきましたフラワーベースは、何とも豪華で神々しい装飾が施され、独特な存在感を醸し出しています。

一部、馬の装飾にダメージはありましたが、大きなダメージも無く良い状態でした。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

棟方志功 ”若栗の柵” 手彩色 木版画 買取させていただきました。

2745

棟方志功 ”若栗の柵” 手彩色 木版画を買取させていただきました。

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 – 1975年(昭和50年)9月13日)は日本人の板画家。

青森県出身。

20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。

川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激で、版画家になることを決意。

1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

買取させていただいた絵には棟方巴里爾の鑑定書も付属されていました。

中々お目にかかれることの少ない作品です。

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

アンドレ・ブラジリエ作 ”丘の乗馬” 買取させていただきました。

2691

アンドレ・ブラジリエ作 ”丘の乗馬”を買取させていただきました。

 

アンドレ・ブラジリエ

現代フランス絵画を代表する画家。
鮮やかな色彩と柔和で何処と無く懐かしさを感じさせる画風が特徴であり、画面構成力にも定評がある。
緑や木々、馬、バイオリンや女性像を好んで描く。
詩情に溢れたその世界感は真似のできない独特のものであり、評価が高い。

略歴

1929年   フランス、ソーミュールに生まれる。
1949年 パリ美術学校に入学。ブリアンションのアトリエで学ぶ。
1952年 フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞(第一位)、
シャルル・モレ賞等を受賞。その間各展に出品し、個展を開く。
1953年 ローマ・グランプリ賞受賞。
1959年 この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展開催。
1961年 青年絵画展でシャルル・モレ賞。
1962年 シュールロット賞受賞。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員
や各地ビエンナーレの会員となる。
1974年 東京で個展。
1977年 東京吉井画廊で個展開催。
1984年 東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。
優美で静謐なイメージは観るものの心に印象を強くし、明快な色彩表現
人々の心を、たおやかにし、詩的な表現を得意とする作家。フランス的な
センスが人々の心の琴線に共鳴を与える。作品はフランス政府、パリ美術館、
オランダ美術館などに収蔵されている

 

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

COMTESSE コンテス ホースヘア ハンドバッグ 買取させていただきました。

2633

COMTESSE コンテス ホースヘア ハンドバッグを買取させていただきました。

 

ホースヘアとは

ホースヘアは弦楽器の弓に使用されている大変丈夫な素材です。

熟練工の職人が1日に1m余りを織ることしか出来ない大変希少価値の高い織物と言われるその素材を、

70年前世界で初めてハンドバッグの素材に使用したのがコンテスです

現在もコンテスで使用するホースヘアは18世紀に作られた織機で当時と同じ手法で織られています

特別な技術と知識をもった職人によって受け継がれてきたホースヘアは真のラグジュアリーを知る方々に最高級の素材として知られています。

 

コンテスでは製品づくりに対する信条をとても大切にしています。

 

熟練した職人の手で一つひとつ作られるコンテスのハンドバッグにはその見た目の美しさだけではなく「完璧な手仕事」を支える崇高な志が宿っているのです

 

今回買取させていただきましたバッグは、前オーナー様が大事に使用されていたのでしょう、

多少の使用感はあるものの、とても良い状態でした。

これからも次オーナー様の元でご愛用していただけるのではないかと思います。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

超時空要塞マクロス リン・ミンメイ セル画 買取させていただきました。

2624

超時空要塞マクロス リン・ミンメイ セル画を買取させていただきました。

 

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

のワンシーンです。(おそらく)

マクロス劇場版でも評価の高い作品であり、当時のセル画表現の最高峰と言われています。

 

ミンメイの顔がしっかり出ていて、表情もすてき。

現在でも人気のあるアイドル(マクロスの中で)なので、コレクターも多いようです。

 

加水分解も起きておらず、非常に良い状態です。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。