楽器

MORRIS W-40 アコースティックギターハカランダ材 買取させていただきました。

2193

MORRIS W-40 アコースティックギターハカランダ材を買取させていただきました。

 

モーリス楽器製造株式会社は、長野県松本市のギターメーカー。

1967年創業、1970年代のフォークブームにおけるギター生産の一翼を担い、モリダイラ楽器の発表したモーリスギターを生産。

かまやつひろしをキャラクターに起用した「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」というキャッチフレーズのCM効果もあって、当時は年間30万本ものギターを製造していた。

 

今回買取させていただいたギターは、WシリーズのW-40というモデル。

シリアルNOやロゴから1974年前後で製造されたジャパン・ビンテージギターです。

当時の仕様から恐らくトップはスプルース、サイドとバック、ヘッドにハカランダが使用されています。

 

ハカランダ材は、総称ブラジリアン・ローズウッド。

1960年代前半までには多くのギターのトップ材などに使用されてきました。

しかし、ブラジル政府が資源保護(経済的な理由だったと言う説も 聞いたことがあります)のために丸太の状態での輸出を禁止したため結果的に材料コストが 高くなってしまい、大量生産に使えなくなったようです。

当時、マーチン社では丸太の状態での貯木量が豊富だったらしく、 約5年あまり標準仕様としてハカランダ材を使用できたようですが、、。

現在、新品でハカランダ材が使用されているギターは滅多にありません。

 

40年以上前に製造されたものとはいえ、ハカランダ材を使ったギターは音鳴りも良く、体に響くような音楽を奏でてくれるのがたまらないんでしょうね。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Gibson HOWARD ROBERTS FUSION セミアコ 買取させていただきました。

2971

Gibson HOWARD ROBERTS FUSION セミアコを買取させていただきました。

 

その名の通り、ジャズギターの新しい次元を切り開いたギタリスト、「ハワード・ロバーツ」のシグネイチャーモデルです。

オリジナルのハワードロバーツは16インチフルアコースティックのフロントフローティング1ピックアップのジャズギターでしたが、

このFUSIONモデルは、やや薄く、センターブロックの入ったセミアコ構造で2ハムバッカーモデルとなっています。

カッタウェイ部分はより大きくハイポジションでの演奏性が良くなるようデザインされています。

 

しっかりとしたサスティーンと芯のあるサウンドで、ナチュラルトーンはもちろん、ドライブサウンドでも存在感があり、より幅広いジャンルの演奏に対応します。

甘く伸びのあるフロントのサウンドから抜けの良いリアサウンド、ミックスポジションでの音も硬すぎない深みのあるサウンド。

ジャズ・セッションでもブルース・セッションでも、クリーンでもディストーションでも、

ジム・ホールでもジミー・ペイジでも、それなりに良い感じで弾けるという超便利なギター。

 

楽器の事を知らなくても、何だか楽器を始めちゃいそうな気分にさせてくれる。

そんなかっこよさと渋さが見えますね。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Duncan ダンカン 優美音響製作 エレキギター 買取させて頂きました。

2689

Duncan ダンカン 優美音響製作 エレキギターを買取させて頂きました。

 

80~90年台、セイモアダンカンの代理店であった優美音響。

1990年代に優美音響が倒産すると、輸入代理業務および製作販売の委託先をESPに変更し今や中古市場でしかお目にかかれない商品。

優美音響製のものはマニアの間では人気が高く、

また、10年間の間でしか製作されていないとの事で、希少なギターとされています。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

SELMER メタルマウスピース C☆☆ 買取させて頂きました。

2598

SELMER メタルマウスピース C☆☆を買取させて頂きました。

 

ヘンリー(アンリ)・セルマー氏によってパリに最初の工房が開設されて以来120年以上の実績があります。

フランスで最初の総合管楽器メーカーです。
プロフェッショナル用サクソフォンの世界的な先駆です。
世界が認めるブランドネームです。
サクソフォン・クラリネット・マウスピースの3つのカテゴリーを幅広く生産しています。

 

セルマーという名前は言うまでもなくサクソフォンそのものと重ねて認識されており、実際現在のセルマー・パリ社の活動の半分以上はサクソフォン関連に費やされています。
1921年12月に最初のサクソフォン(モデル22)が発表されてから、それぞれの新製品(シガーカッターからスーパー・アクション、バランスド・アクション、マークVI、そして現在のラインナップまで)は会社の持つ開発力を世に示してきました。

ジョン・コルトレーンやマルセル・ミュールに始まりケニー・ギャレットやクロード・ドゥラングルに至るまで、ジャズやクラシック、現代音楽の世界的な演奏家たちが、セルマー・サクソフォンの発展に貢献してくれています。
管楽器製造者として長きにわたる経験やサクソフォン界に関する深い知識のおかげで、セルマー・パリ社は世界の指標となり、今日のサクソフォンの音のスタンダードとされるようになりました。

 

マウスピースの製造はセルマー・パリ社にとって最初の挑戦でした。

楽器の響きに関する完璧な知識をもつことは、優れたマウスピースを設計するための準備になりました。セルマー・パリ社は、この分野での経験により、今日、信頼されるマウスピース・メーカーとして認められるようになりました。そしてこのブランドの名が疑いもなくマウスピース市場での先駆的存在になったのです。
マウスピースはすべての演奏者にとって絶対に必要なアクセサリーです。セルマー・パリ社はオープニングやテーブルの長さに多様な選択肢があるので、誰もが自分の口や歯の形や音の好みにぴったり合うものを選ぶことが可能です。

 

今回買い取らせていただいたものはアルトサックス用のマウスピースのみですが、素人ながら出来の良さ、質の良さが伺えます。

是非ともサックス本体もお目にかかりたいものです。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

蘇州 高級二胡 龍頭 蛇皮 買取させていただきました。

2244

蘇州 高級二胡 龍頭 蛇皮を買取させていただきました。

 

二胡は、数ある胡琴類を代表する楽器です。

胡琴類には、二胡の他に、京劇の京胡、広東地方の高胡、椰子で出来た椰子胡、弦が4本の四胡、革の代わりに板が張ってある板胡、その他数え切れない程の種類があります。

別名南胡といい、もともとは南の方の蘇州近辺で盛んだったそうです。

二胡は、紫檀、黒檀、紅木などの密度の濃い硬い木材で作られます。

ニシキヘビの革を張った直径12cm強の筒状の太鼓に、上半身程の高さの棹を差し、金属の弦を2本張ったという簡単な作りです。

弓は馬の尻尾の毛でできていて、2本の弦の間に挟まっているのが特徴です。

東洋のバイオリンとも呼ばれ、最も人の声に近い音と言われます。

中国民族楽器界でも一番人気、ソロ楽器として古くから親しまれてきた楽器で、その甘くて広大な音色は圧倒的な存在感と輝きを持っています。

 

ふむふむ。(まるまる引用です、、。)

初見時はまったく名前すらわかりませんでしたが、どうやら歴史ある民族楽器のようです。

残念ながら楽器を弾く才能に恵まれなかった為、試奏は出来ませんでした。

二胡奏者の演奏を一度見てみたいと思います。

 

今回買取させていただいた二胡のような、民族楽器等も買取可能です。

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

EDWARDS ( エドワーズ ) E-FR-145GT 買取させていただきました。

2191

EDWARDS ( エドワーズ ) E-FR-145GT 買取させていただきました。

 

幅広いラインナップが魅力のギター・ベースメーカー、EDWARDS。

海外ギターリストにも愛用者が多いESPの兄弟分的な存在として、初心者から上級者用に至るまで、ギターのバリエーションは多彩。

今回ご紹介のギターは超個性的な美しいフォルムで今やESP/EDWARDSの看板モデルとなったフォレストタイプです。

スルーネック構造とセイモアダンカンピックアップにより、滑らかなトーン、豊かなサスティンを実現。メロディアスに、ハードに決めるギタリストにオススメ!

 

THE変形ギター!といった見た目ですが、見た目とは裏腹に意外と繊細な音。

カラーはSee Thru Red(シースルーレッド)で、いかにもロックでハード。

どうあがいても目立つ事間違いなしです。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

マーチン アコースティックギター 買取させて頂きました。

20161102

ジャイアンツの太田泰示選手が日ハムに移籍するそうです。

私事ですが、松井秀喜の背番号55を受け継ぐ期待の新人で、ここ最近覚醒の兆しを見せ始めた彼を密かに応援していました。

プロスポーツの世界に移籍はつきものとはいえ、一抹の寂しさを禁じえません。

新天地での彼の活躍を祈ります。

そんな本日はマーチンのアコースティックギターを買取させて頂きました。

マーチンはギブソンと並び称されるアコギの名門ブランド。。多くのメーカーやクラフトマンがマーチンのギターから学び、マーチンのスタイルを継承したギターを生産していきましたが、ヤマハ、モーリス、K.ヤイリをはじめとする名だたる国内メーカーもマーチンのコピーモデルを生産することからスタートしており、マーチンのギターを仕入れては分解して構造を研究してきました。

設計は合理的な機能美に満ちており、1904年版の製品カタログの序文でフランク・ヘンリー・マーチン氏(三代目社長)は、マーチンギターは厳格な目で選定したマテリアルを使い、厳しい注意と強靭な忍耐力で組み上げられており、様々なポイントを入念にチェックするなど高品質のために膨大な時間がかけられていると述べています。
100年以上経過した現代でもその姿勢は変わらず、廉価版やミニギターに至るまで丁寧に作られたギターを世界中に供給しています。

ギターの歴史も調べてみるとなかなか興味深いですね。

物の背景を知ることで、さらにその物への愛着が深まるかと思います。

自分の思い入れのある物に囲まれて暮らす生活は、きっと幸せなのだろうと思います。

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、本日ご紹介したような楽器も買取させて頂きます。

買い替え・お引越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

Suzuki トレモロクロマチックハーモニカ 買取させていただきました。

1106

Suzuki トレモロクロマチックハーモニカを買取させていただきました。

 

Q /トレモロクロマチックハーモニカとは?

A /名前の通りトレモロ音で演奏できるクロマチックハーモニカです。

 

Q /クロマチックハーモニカとは?

A /クロマチックハーモニカとは、♯や♭といった派生音を出す事ができるハーモニカの事を言います。

半音階を演奏できる事から、「クロマチック(Chromatic=半音階の)」という名前がついています。

派生音と幹音(ドレミファソラシド)とが上下に配列された「上下式」と、スライドレバーを押す事によって派生音を演奏できる「スライド式」があります。

 

ほう、、、

 

ちなみに、トレモロの意味もわからずに調べてみましたが

トレモロ(伊: tremolo)は、単一の高さの音を連続して小刻みに演奏する技法、ならびに複数の高さの音を交互に小刻みに演奏する技法である。後者はバッテリーとも呼ばれる。2度で隣接する2つの高さの音を相互に反復する場合は「トリル」であり、区別が付かないことが多い。
ギター(アーミングを参照)、マンドリンなどの撥弦楽器や、打楽器のように音が非常に早く減衰する楽器では、長く延ばす音の代用として多用される。また、ヴァイオリンなどの擦弦楽器では、音を短く反復することによる、通常の演奏とは異なる音色を求めて行われる。ピアノでも同様であるが、擦弦楽器のトレモロの模倣として行われることも多い。
イタリア語でtremoloとは、振動、ゆらぎの意味である。

 

 

とりあえず、音域がすごく広いという事ですね。

ハーモニカも奥が深いです。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、楽器、オーディオ機器なども買取致します。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Fender フェンダー ジャズベース 買取させていただきました。

475

Fender フェンダー ジャズベースを買取させていただきました。

 

エレキベースの永遠のスタンダードモデルといえば、やはりフェンダージャズベース。

ロックをはじめとする近代のポピュラーミュージックはこのベースと共にある、と言っても過言ではありません。

1960年代に誕生したジャズベースですが、現代においても多くのベーシストによってプレイされ続けています。

ヴィンテージ・ジャズベースの愛好家も少なくありませんが、現代のモデルも非常に完成度が高く、より「今の音楽」にマッチしたサウンドをアウトプットしてくれます。

現在、日本国内で購入することのできるジャズベースにはフェンダーUSA(メキシコ製も含む)と日本製のフェンダー・ジャパン、そして廉価ブランドのスクワイアの3ブランドのものが存在しています。

 

日本ではMade in japan の、いわゆるフェンダージャパンが主流となってはいますが、本場USA製はやはり良いと聞きます。

そもそもネジ、金属、作る過程の規格が違ってくるので、中にはデザインは同一でも何だか音が違うような、、、?となる事もあるそう。

奥深いですね。 楽器弾けませんが。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Oihata コンサートウクレレ SD-2 買取させていただきました。

s-l1600

Oihata コンサートウクレレ SD-2を買取させていただきました。

 

北海道・函館在住のビルダー尾伊端敏氏が手がけるオイハタ・ウクレレ。

木工、塗装共、とても丁寧な作りです。

製作本数少ないメーカーで、(月産2~3本の制作ペース)なかなか貴重なウクレレです。丁寧な作りこみは上位機種と同様との事。

緻密な作りと独自のサウンド、優れた操作性で氏のウクレレは世界的に高い評価を得ています。

ボディー材には厳選された特上のプレミアムカーリーコアを使用。(TOP:Plemium class , Side & Back:5A)

ペグには”Waverly”を使用しピックアップは”MISI acoustic trio ukulele”が搭載されており1分の充電で16時間使用できます。

 

ライフとキミドリ神戸店では、デザイナーズ家具をはじめ、様々なものを買取させて頂きます。

買い替え・お引っ越し等で不要なものがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。